やまとやの歴史

創業 大正13年(1924年)

大正13年12月23日 埴生村小島上町にて創業
昭和35年7月 更埴市小島泉町へ移転
昭和37年7月 改装
昭和50年12月 更埴市桜堂へ移転
昭和62年12月 新築
昭和37年当時のやまとや

昭和37年当時のやまとや

昭和62年新築当時のやまとや
昭和62年新築当時のやまとや

初代 中村芳治

初代 中村芳治明治41年 小諸の大和屋号掛川商店に丁稚として入店(13歳)
呼び名は「ゼンどん」芳⇒善⇒ゼン   番頭当時のあだ名は「無茶ゼン」

大正13年退店 暖簾分けを許される

小諸大和屋呉服店 

 

 

 

 

大正時代の小諸大和屋呉服店
小諸きっての豪商で作曲家中山晋平も丁稚奉公した

 

小諸大和屋呉服店 目録

大正13年5月退店時の證書

大正13年5月退店時の證書