やまとやは大正13年12月創業です。ルーツは、明治・大正時代に小諸随一の豪商として栄え、昭和63年に閉店したときには新聞に取り上げられた大和屋呉服店です。当時のチラシを見ると、電話番号は1番です。
12歳で丁稚に入り、大正13年5月に退店、暖簾分けをゆるされた中村芳治は当時の埴生村に店を構えました。
今日は、小諸大和屋呉服店があった北国街道沿いの古い町並みを歩いてきました。その昔の活気に満ちた商人たちの息吹、エネルギーが伝わってくるようでした・・。